父さんがかえる日まで
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

父さんがかえる日まで

残り1点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

モーリス・センダック さく アーサー・ビナード やく 「いってらっしゃい・・・・」 父さんは海をわたるふなのりなのです。 ふなのりの父さんが航海に出たあと、母さんはその帰りを待ちわびるだけ。あかんぼうの妹は、姉さんのアイダが子守りをしなければなりません。 ところが、よそ見をしていたすきに、 その妹がゴブリンにさらわれてしまいます。 妹を取り返すべく、アイダの冒険が始まります。 「かいじゅうたちのいるところ」「まよなかのだいどころ」とともに、 モーリス・センダックの3部作と呼ばれる作品。 わきあきこさんが直訳した『まどのそとの そのまたむこう』で 有名な1冊ですが、 日本語で詩作するアーサー・ビナードさんが一歩踏み込みこんだ訳で、 アメリカ出身のアーサーさんだからこそできる原文の解釈に近づき よりわかりやすい内容になっていると思います。 2冊を読み比べて内容の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?? <状態> カバーあり 良好 表紙:良好 中身:良好 出版社   : 偕成社 出版年月日 :2019年 12月 第1刷発行 サイズ   :ハードカバー 40ページ 24×26cm